Expand
Resize
Add to favorites
2013年6月27日、国際会計基準審議会(IASB)は、「デリバティブの契約更改及びヘッジ会計の継続(IAS第39号の修正)」と題された、IAS第39号「金融商品:認識及び測定」に対する範囲を絞った修正を公表しました。 IASBは、法律または規制に起因する契約の更改から生じる財務報告への影響を懸念していました。このため、IASBは、ヘッジ手段のCCPへの更改が所定の条件を満たす場合に、ヘッジ会計の中止となる不都合を回避するため、IAS第39号を修正しました。同様の救済措置が国際財務報告基準(IFRS)第9号「金融商品」にも含まれることになります。今回の修正は、2014年1月1日以後開始する事業年度から適用されます。早期適用も認められます。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide