Expand
Resize
Add to favorites
国際会計基準審議会(IASB)は、果実生成型の植物に関連して、国際会計基準第(IAS)16 号「有形固定資産」およびIAS 第41 号「農業」を修正する提案をしています。
IAS 第41 号は、すべての生物資産を売却費用控除後の公正価値で測定することを求めています。この規定は、これらの植物の生物学的変化を最も適切に反映するのは公正価値測定である、という原則に基づいています。果実生成型の植物とは、1 期間を超えて収穫物を生むことが見込まれる植物(たとえば、リンゴの木やぶどうの木など)をさします。しかし、果実生成型の植物は成熟し収穫物を生むと、その後、重大な生物学的変化が生じることはありません。このため、本公開草案では、その機能が、有形固定資産(PPE)項目に類似していることから、IAS 第16 号に従って処理することを提案しています。
コメント期限は2013年10月28日となっています。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide