Expand
Resize
Add to favorites
ギリシャは2015年6月30日、国際通貨基金(IMF)に対する15億ユーロの債務返済を履行できませんでした。その結果、現状の債務の借入条件に照らして延滞となり、目下IMFからの追加融資が受けられない状況です。また7月5日の日曜日に実施されたギリシャ国民投票では、2015年6月25日に国際債権団が提案した財政緊縮策が拒否されました。現在の情勢は流動的であり、最終的な結果は依然として不確実性を伴います。可能性のある結果としては、追加の債務再編、欧州による追加の融資、追加の緊縮策などがあり、さらに潜在的にはギリシャのユーロ圏離脱(いわゆる「Grexit」)もありえます。
本資料では、潜在的な論点の概要および関連する国際財務報告基準(IFRS)のガイダンスを示しています。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide