Expand
Resize
Add to favorites
米国財務会計基準審議会(FASB)は、純損益およびその他の包括利益を、単一の連続的な計算書、または2つに分離されているが連続的な損益計算書およびその他の包括利益計算書のいずれかで表示することを企業に要求する最終基準を公表しました。持分変動計算書にその他の包括利益の項目を表示する選択肢は削除されます。この結果、その他の包括利益の表示は、幅広く国際財務報告基準(IFRS)と一致することになります。この新しい規定は、概ね、公開企業については2011年12月15日より後に開始する事業年度(期中期間を含む)から適用され、非公開企業については2012年度末の財務諸表から適用されることになります。早期適用は許容され、完全遡及適用が要求されます。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide