Expand
Resize
Add to favorites
国際会計基準審議会(IASB)は2011年5月に国際財務報告基準(IFRS)第10号「連結財務諸表」(IFRS10号)を公表し、いつ投資者が投資先を連結しなければならないかに関する新しいガイダンスを導入しました。現在では、この新しいガイダンスの多くの側面は米国会計基準(US GAAP)とコンバージェンスされています。この新しいアプローチは、支配のパワーの概念と、支配が存在するかどうか、および連結する必要があるかどうかを判断するための変動リターンに対するエクスポージャーを組み合わせています。投資者が、パワー、変動リターンに対するエクスポージャー、および投資先から投資者へのリターンに影響を及ぼすパワーを用いる能力を有する場合にのみ、支配は存在します。この新基準は、早期適用が認められ、2013年1月1日から強制適用が要求されます。遡及適用は一定の実務上の例外を除いて必要となります。開示に関連する事項を扱っているIFRS12号「他の企業への関与の開示」の発効日は、IFRS10号と同日なります。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide