Expand
Resize
Add to favorites
測定と開示に関する2012年第1四半期の所見2011年5月、FASBは会計基準アップデート(ASU)No.2011-04「公正価値測定(Topic820):U.S. GAAP とIFRSにおける公正価値の測定および開示に関する規定の共通化のための改訂」を公表しました。このASUは、主に既存の公正価値測定ガイダンスを明確化したもので、U.S.GAAPとIFRSの整合性を高めることを目的としています。また、このガイダンスはいくつかの新しい開示を要求しています。このガイダンスは、公開企業については2011年12月15日より後に開始する期中期間および会計年度より、非公開企業については2011年12月15日より後に開始する会計年度から適用となりました。ほとんどの公開企業において、2012年3月31日に終了する四半期はこのASUの発効後初めての四半期となりました。Dataline2012-05では、様々な業界の異なる37社の企業を例にとり、このガイダンスがどのように導入されたかについての所見を集めました。今後の公正価値開示を作成中の報告企業に役立つ先進的実務事例と要点を取り上げています。
⇒オリジナルはUSサイト
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide