Expand
Resize
Add to favorites
最近、SEC職員は、米国の財務報告制度へのIFRS組込みの潜在的影響に関する最終スタッフ報告書を公表しました。この報告書は、SEC職員によって2010年2月に公表されたワークプランによって紹介された6つの主要領域における、SEC職員の所見をまとめています。Dataline2012-06では、SEC職員によるこれら6つの主要領域における所見を検討し、PwCの見解を提供しています。このワークプランは、IFRSを米国の財務報告制度に組み込むかどうか、またいつどのように組み込むかの検討プロセスの一環をなすものです。この報告書はこのプロセスにおいてSECを支援することを目的としています。このスタッフ報告書には、IFRSは米国財務報告制度に組み込まれるべきかどうか、またはどのように組み込むべきかに関する提言は記載されていません。また、IFRSの完全導入は米国資本市場参加者の大多数から支持されていないとも述べています。エンドースメントメカニズムなど、他の形式による組み込みがより好意的に見られています。
⇒オリジナルはUSサイト
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide