Expand
Resize
Add to favorites
2012年11月および12月、米国財務会計基準審議会(FASB)および国際会計基準審議会(IASB)は会議を開き、収益認識に関する共同プロジェクトの再審議を継続しました。両審議会は、変動対価の収益認識の制限、回収可能性、ライセンス、取引価格の配分および契約獲得コストなど、測定および認識に関する残りの主要な論点について仮決定を行いました。 このPractical guideは、この会議で行われた両審議会の再審議および仮決定、ならびに特定の産業に与える潜在的な影響について要約しています。また、このPractical guideの付録では、2012年7月から現在までの両審議会の仮決定事項を要約し、2011年公開草案と比較しています。 (※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide