Expand
Resize
Add to favorites
米国財務会計基準審議会(FASB)は2014年7月に連結プロジェクトに関する審議を終え、今後数か月のうちに最終基準を公表する見込みです。この新基準は、現行の連結ガイダンスの変更に対象を絞り、投資会社に与えられていた変動持分事業体(VIE)ガイダンスに関する適用延期の経過措置を廃止するものです。新基準の主な目的は、アセット・マネージャーが自ら管理するファンドを連結する状況を限定することにありますが、すべての業種における企業にとって、連結の結論および適用される開示要求事項が変わる可能性があります。パートナーシップや投資会社に関与する企業が最も影響を受ける可能性があります。新基準は、12月決算の公開企業に対して2016年から適用され、早期適用も認められる予定です。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide