Expand
Resize
Add to favorites
国際財務報告基準(IFRS)第13号「公正価値測定」は、2013年1月1日以後に開始する事業年度より将来に向かって適用され、早期適用が認められます。この新しい基準では、資産または負債を公正価値で測定する際に用いられる仮定およびプロセスに関する定量的および定性的な詳細情報を財務諸表利用者に提供するために、開示要求が大幅に拡大されています。
本資料では、調査対象である欧州の不動産会社が、投資不動産に関連して、IFRS第13号の開示要求にどのように対応しているか、とりわけ、公正価値測定で用いられた重大な観察可能でないインプットについての定量的情報および観察可能でないインプットの著しい変動に対する公正価値測定の感応度について調査しています。
本資料が調査対象としている欧州の不動産会社は、英国、フランス、ドイツ、オランダ、スイスおよびイタリアの上場企業37社で構成されています。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide