Expand
Resize
Add to favorites
物価はこの1年で大幅に下落しており、石油・ガス業界は最も劇的な変化を経験しました。原油価格は6か月で60%下落し、2014年第4四半期には、石油・ガス事業に係る資産の減損損失が認識されました。カナダを拠点としているタリスマン・エナジー社(Talisman Energy Inc.)は、2014年第4四半期に、主に石油価格の下落により、約13.7億ドルの減損損失(税引後)を計上しました。また、同社における、カナダのオイルサンド事業、米国のシェールガス事業、および問題を抱えるヨーロッパの石油精製事業では、合計65億ドルの減損損失を計上しました。各石油・ガス企業は、2015年度以降の設備投資の削減を発表しています。
石油・ガス、および鉱山のいずれの掘削産業においても、この変化の大きい経済状況により、潜在的な資産の減損への懸念が生じています。このことは、IFRSの減損モデルを適用する際に生じる、実務上のいくつかの論点を明らかにしています。ここでは、それらの主要な論点の一部について考察しています。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはInternationalサイト
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide