Expand
Resize
Add to favorites
米国財務会計基準審議会(FASB)は、2015 年4月15日、クラウド・コンピューティング契約における支払手数料の顧客側の会計処理について、新たな基準を公表しました。これまで米国会計基準(US GAAP)には、このような手数料の会計処理に関する顧客の観点からの具体的なガイダンスはありませんでした。新基準の下で、顧客はベンダー側と同じ要件を適用して、クラウド・コンピューティング契約にソフトウェア・ライセンスが含まれているか、サービス契約のみであるかを判断することになります。公開企業については、2015年12月15日より後に開始する事業年度およびこれに含まれる期中報告期間に適用されます。非公開企業については、2015年12月15日より後に開始する事業年度および2016年12月15日より後に開始する事業年度に含まれる期中報告期間に適用されます。なお、早期適用が認められます。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide