Expand
Resize
Add to favorites
バーゼル銀行監督委員会(以下、「バーゼル委員会」)は、2015年12月、「Guidance on credit risk and accounting for expected credit losses(信用リスクと予想信用損失会計に関するガイダンス)」(以下、「当ガイダンス」)を公表しました。当ガイダンスは、国際財務報告基準(IFRS)第9号「金融商品」で導入された予想信用損失(以下、「ECL」)の会計フレームワークの導入および継続的な適用に関連した、健全な信用リスク実務に関する監督上の要求事項を規定しています。
バーゼル委員会は、銀行によるECLの評価および測定において統制のとれた高品質なアプローチが採用されることを期待しています。当ガイダンスは、銀行によるECLの会計上の測定に、マクロ経済データを含む、広範囲において目的適合性の高い、合理的で裏付け可能な将来予測的情報を幅広く盛り込むことを強調しています。特に、銀行は、単に将来事象の発生する確率が低いことだけを理由に、またはコスト増や主観を根拠として、将来の事象を無視することはできません。
さらに、当ガイダンスは、国際的に活動している銀行に対しては、IFRS第9号の実務上の便法の安易な使用を制限すべきとするバーゼル委員会の見解に言及しています。これは、信用リスクの著しい増大の評価に関連する、「低い信用リスク」に関する免除規定および「30日超期日経過」という反証可能な推定を用いることを含みます。
PwCは、銀行は、当ガイダンスのどの程度までの適用が期待されているかについて、現地の銀行監督当局に相談することをお勧めします。
本In depthは、当ガイダンスが提起しているガバナンス上の問題や監督上の問題ではなく、主として、当ガイダンスの会計上の側面に焦点を当てています。 (※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはInternationalサイト

【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide