Expand
Resize
Add to favorites
米国財務会計基準審議会(FASB)は、2015年度の技術的修正および改善の取り組みの一環として、「容易に算定可能な公正価値(RDFV; Readily Determinable Fair Value)の定義を修正しました。修正後の定義には、ミューチュアル・ファンドに類似した仕組みを有する資本性証券で、1株当たりの公正価値が定期的に算定および公表され、現在の取引の基礎とされているものの記載が含まれています。
RDFVの定義は、米国会計基準(US GAAP)の中で、(1)資本性投資を公正価値で報告すべきか否か、(2)公正価値測定に対する実務上の便法としての純資産価値(NAV)の利用可能性、および、(3)会計基準コード化体系(ASC)820「公正価値測定」における公正価値の開示の評価を含む、いくつかの箇所で使用されています。
企業は引き続き、資本性証券がRDFVを有しているか否かの評価を行わなければなりません。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはUSサイト

【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide