Expand
Resize
Add to favorites
米国財務省および内国歳入庁(IRS)は、2016年12月7日、内国歳入法(IRC)第987条に基づく最終規定を公表しましたこの新規定により、企業が採用している、支店およびパス・スルー事業体から生じる為替差損益の税務目的上の算定方法が変わる可能性があります。新規定への移行は、過去に計上した繰延税金を調整すること、そして一部のケースにおいては、過去に計上していない繰延税金を計上することを企業に要求する可能性があります。新規定により影響を受ける多国籍企業は、2016年12月7日を含む報告期間の財務諸表に対する新規定の影響を評価する必要が生じます。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはUSサイト
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide