Expand
Resize
Add to favorites
ロンドン・クリアリング・ハウス(LCH)およびシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は、その規則の一部変更を実施しており(または提案しており)、この結果、変動証拠金は担保の差し入れではなく決済のための支払としての法的特性を有することとなります。これらの変更は、そのような機関が中央清算機関(CCP)として機能している場合には、CCPを通じて決済されるデリバティブに影響を与えることになります。PwCは、CME規則の変更については、2017年1月の第1週に適用されると理解しています。
米国証券取引委員会(SEC)スタッフは、国際スワップ・デリバティブ協会(ISDA)の要請に応じて、多くの関連する会計上の質問に対してSECスタッフの見解を示しました。SECスタッフは、法的には決済のための支払であるとみなされる変動証拠金の支払は、会計処理および表示の目的上も、決済のための支払として扱われ、今後は担保取引とはみなされないとするISDAの結論に反対しませんでした。またSECスタッフは、これらの変更は、現行のヘッジ関係の中止を要求しない、またはショートカット法の適用を妨げないとするISDAの結論にも反対しませんでした。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはUSサイト
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide