Expand
Resize
Add to favorites
英国政府は最近、低炭素発電の支援を目的とした新たな制度を導入しました。これは、差金決済契約(CfD)制度として知られており、再生可能エネルギー導入義務(RO)制度に置き換わるものです。
多くの企業にとって、2017年は、このCfD制度の下で経済的便益または債務を実際に会計処理しなければならない最初の年になります。この制度は、異なる会計基準または解釈指針を適用しなければならない可能性があるため、会計処理の面で課題があります。本資料では、PwCがCfDの会計処理において主要な検討事項と考える点を解説しています。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはUKサイト
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide