Expand
Resize
Add to favorites
国際財務報告基準(IFRS)第9号「金融商品」の予想信用損失(ECL)による減損の要求事項の導入は、国際会計基準(IAS)第39号の発生損失による要求事項からの大幅な変更になります。この変更により、技術的な要求事項の解釈とその適用の両方で複雑性が増加します。銀行および一部のその他の金融機関にとって、この変更は、IFRSの初度適用時と同程度に重要な変更となる可能性があります。
ECLによる減損において最も複雑な側面のひとつは、将来予測的な情報を織り込む必要があること、特に、複数の将来予測的なシナリオの影響を考慮しなければならないことです。
業界の考え方が進展を続けることはほぼ確実です。本In depthでは、この複雑な領域の理解を助けるために、PwCの最新の考えを「よくある質問(FAQ)」としてまとめています。また明確で洞察力のある開示は極めて重要であるため、PwCの公表物「IFRS9 for banks - Illustrative disclosures」(英語)から選別した抜粋を含めました。
ECLによる減損の導入は、様々な要素が相互に関連することから、全体として検討することが重要です。しかしながら、IFRS第9号の導入プロジェクトに関わる会計士、モデル作成者およびその他の方々にとって、複数の将来予測的なシナリオに焦点を絞った本In depthは実用的かつ有用なものとなるでしょう。 (※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはInternationalサイト
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide