Expand
Resize
Add to favorites
信用減損の会計処理に関する新しいガイダンスは、米国会計基準(US GAAP)および国際財務報告基準(IFRS)のどちらの基準においても「発生」損失モデルから「予想」損失モデルへと移行しましたが、両基準のコンバージェンスは達成されていません。両基準における主要な相違は、US GAAPでは償却原価で測定される金融商品の全期間の予想信用損失を当初に認識する一方、IFRS第9号では、通常、全期間の予想信用損失の一部のみを当初に認識する点です。その後、信用リスクの著しい増大があれば全期間の信用損失を認識します。
両基準の間にはそれ以外にも多くの相違点が存在しています。企業が適用のための作業やモデリングによるアプローチの開発を継続し、規制当局が利害関係者の質問への回答を行うにつれて、他の相違点も明らかになる可能性があります。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはUSサイト
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide