Expand
Resize
Add to favorites
国際財務報告基準(IFRS)第9号「金融商品」は、企業に対し、償却原価で保有しているすべての金融資産(貸手の観点からのグループ企業間の貸付金の多くも含まれる)について、予想信用損失を認識することを要求しています。
グループ企業間の貸付金に係る減損の評価に関する従前のガイダンスであった国際会計基準(IAS)第39号「金融商品:認識及び測定」は、減損の客観的証拠が存在する場合に引当金を認識する発生損失モデルを採用していました。IFRS第9号では、減損のトリガーが存在しているか否かにかかわらず、予想信用損失を算出するために、グループ企業間の貸付金の貸手は、将来予測的な情報を考慮することが求められます。
この実務ガイドは、グループ企業間の貸付金に関するIFRS第9号の減損の要求事項についてのガイダンスを提供します。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルは Internationalサイト
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide