Expand
Resize
Add to favorites
米国財務会計基準審議会(FASB)は、2018年8月29日、ベンダーが提供する(Hosted by the vendor)クラウド・コンピューティング契約(すなわち、サービス契約)において発生する導入コスト、セットアップ費用、その他の初期費用の顧客側の会計処理に関する新しいガイダンスを公表しました。新ガイダンスでは、顧客は、ソフトウェア・ライセンスを含むクラウド・コンピューティング契約に適用する要件と同じ要件をクラウド・コンピューティング契約の導入コストの資産計上に適用することになります。
また、新ガイダンスは、資産計上した導入コストおよび関連する償却費用の貸借対照表、損益計算書およびキャッシュ・フローの分類を規定しており、定量的および定性的な追加の開示を要求しています。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはUS サイト
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide