Expand
Resize
Add to favorites
米国財務会計基準審議会(FASB)の新しいリース会計基準(会計基準コード化体系(ASC)842)を適用するにあたり、借手が移行時にオペレーティング・リースのリース負債を測定する際に、変動リース料について使用すべき適切な指数またはレートに関する疑問が生じています。
米国証券取引委員会(SEC)スタッフは、企業は現時点の指数またはレートを使用できるとの結論を下しましたが、これが、旧基準に基づいたオペレーティング・リースに関する注記開示の目的で実施していた方法と異なる場合には、会計方針の変更であるとみなされ、プリフェラビィリティ・レターを入手することが必要となる可能性があります。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはUS サイト
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide