Expand
Resize
Add to favorites
国際会計基準審議会(IASB)は、2019年4月9日の会議において、一連の修正案が、財務諸表の利用者にとって有用な情報の著しい喪失を回避し、既に進行中の導入プロセスを不当に混乱させたり、国際財務報告基準(IFRS)第17号「保険契約」(IFRS第17号)の発効日を不当に遅延させたりしないという、2018年10月にIASBが合意した修正の評価規準を満たしていることに合意しました。したがって、IASBは、スタッフに対し、IFRS第17号を修正する公開草案の公表のための投票プロセスの開始を承認しました。IASBはまた、提案されたIFRS第17号の発効日およびIFRS第9号「金融商品」の一時的な免除の1年の延期を再確認しました。現時点で、公開草案の提案に反対する予定があると述べたIASBメンバーはいませんでした。
IASBはまた、修正の発効日を改定後の発効日と同日とする取扱いに合意し、また、基準の文言にIASBの審議による決定を確実に反映させるために、基準を明確化する修正を提案しました。IASBはまた、利害関係者による追加的な懸念について検討しましたが、基準の修正は必要ないと決定しました
IFRS第17号に関する修正案の公開草案は、2019年6月末に公表される予定です。(これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルは Internationalサイト
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide