Expand
Resize
Add to favorites
会計基準アップデート(ASU)2016-13「金融商品-信用損失」は、米国証券取引委員会(SEC)ファイリング企業の定義を満たす12月決算の公開事業会社(public business entities : PBE)について、2020年1月1日に発効します。この基準の公表以降、多くの適用上の論点が提起されてきました。その論点は、信用損失に関する移行リソース・グループ(TRG)、米国財務会計基準審議会(FASB)会議、米国公認会計士協会(AICPA)の業種別専門会議、FASBスタッフのQ&A集、SECスタッフのスピーチその他を含むさまざまなフォーラムで議論されてきました。
本In depthは、信用損失ガイダンスの適用に関するよくある質問を取り上げるシリーズの2回目です。本In depthにおける質問および回答は、信用悪化が生じた状態で購入した金融資産(PCD資産)および不良債権のリストラクチャリング(TDR)への会計基準コード化体系(ASC)326の適用を支援することを目的としています。(これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはUSサイト
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide