Expand
Resize
Add to favorites
ビットコインのような暗号通貨(訳者註:一般に「仮想通貨」といわれている)を含む暗号資産は、価値とボラティリティの急速な高まりにより、最近、大きな関心を集めています。暗号資産の取引活動が増加するにつれて、その活動は複数の国・地域で規制当局の精査の対象になっています。
問題は、さまざまなタイプの暗号資産の発行と投資に関連する活動を、どのように認識、測定、開示するのかです。暗号資産を具体的に取り扱った会計基準はないため、既存のIFRSを参照して、原則ベースのアプローチを適用しなければなりません。本In depthは、現在議論されている会計上の質問の一部に焦点を当て、IFRSをどのように適用するについてのPwCの見解を示しています。
発生する問題は多様であり、特定の事実や状況に大きく左右されます。本In depth の設例および検討事項では一般的な原則を説明していますが、暗号資産に係る取引は急速に発展しています。この領域のガイダンスや実務慣行の進展につれて、本In depthは随時アップデートされ、今後関心を集める領域(マイニングなど)に範囲を拡大することになるでしょう。したがって、最新の動向については、貴社の専門アドバイザーや本In depthの執筆者に相談されることを推奨します。 (これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはInternationalサイトへ
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide