Expand
Resize
Add to favorites
2020年3月27日、「コロナウイルス支援、救済、および経済的安全保障法」(CARES法)が成立しました。同法は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的な大流行)による市場のボラティリティ性や不安定性に対応したもので、特に融資、補助金および税法改正などの救済措置の形で、個人や企業を支援する条項が含まれています。
2020年12月27日、9000億ドルの追加支援となる景気刺激策が承認され、既存の条項の拡大または修正、およびいくつかの新条項の追加が行われました。また、この資金の配分は2021年度統合歳出法の一部を構成するものです。 本資料は、米連邦政府によるこの景気刺激策の当初および改正後の内容が会計処理および開示に与える影響についての質問への回答を示したものです。
本資料では、一部の会計基準についての救済措置、税法の改正、市場金利を下回るローン、企業に対する政府援助の提供を本質とするその他のプログラムを取り上げています。
本資料は、2020年4月に公表し、2020年7月10日まで更新していました。それ以降に大幅に変更した質問は、更新した旨を記載しています。質問番号も、セクション別に並べ更新しています。
本資料は、In depth US2020-02「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)および市場のボラティリティの会計処理」(和訳はこちら)およびCARES法に関するポッドキャスト(英語)を含む、PwCが提供するその他のCOVID-19関連リソースと併せてお読みください。
⇒原文(英語)はこちら
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide