Expand
Resize
Add to favorites
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的な流行)は2020年に急速に拡大しました。COVID-19を封じ込めるための対策は経済活動に影響を及ぼし、ひいては財務報告にも影響を及ぼすことになります。
COVID-19の感染防止策としては、人の移動の制限、飛行やその他の旅行の制限、企業の一時閉鎖などが挙げられます。病院および医療従事者は、COVID-19患者の治療に労力と資源を集中させており、その結果、いくつかの「必須でない」治療が延期されています。臨床試験は中止または延期される可能性があり、有効成分の確認が困難になる可能性があります。
COVID-19は、PwCのIn depth INT2020-02「新型コロナウイルス感染症が会計処理に及ぼす影響」で概説されているように、あらゆる業界の会計および報告の多くの分野に影響を与えるでしょう。
本資料では、医薬&ライフサイエンス(PLS)業界に属する企業が直面する可能性のある会計上の主要な論点についてのPwCの知見を提供しています。本資料は最も頻繁に直面する可能性の高い論点を重点的に扱っていますが、今後、これらの他にも多くの論点が生じることは確実です。COVID-19に伴う状況の進展に伴って、会計上の論点も生じていくことになるでしょう。このような点から、以下は、関連する会計上の検討事項のすべてを集めた網羅的なリストではないことにご留意ください。(これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルは Internationalサイト
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide