Expand
Resize
Add to favorites
負債と資本の両方の特徴を有する(転換社債などの)金融商品は、一定のリターン・プロファイルを求める投資家から資金を調達するために、企業が一般的に発行する商品です。財務諸表の作成者および利用者は、長い間、これらの金融商品の会計モデルは、複雑かつルールベースであり、類似の経済性を有する金融商品が異なる会計処理または財務報告の結果となる可能性があると指摘してきました。
米国財務会計基準審議会(FASB)は、最近、負債と資本の特徴を有する特定の金融商品の会計処理を簡素化するガイダンスを公表しました。FASBは、転換可能負債証券および転換可能優先株式の会計モデルの数を減らすとともに、利用者に提供する情報を改善するため特定の開示についての修正を行いました。さらに、FASBは、「自己の株式」の適用除外に関するデリバティブのガイダンスおよび希薄化後1株当たり利益(EPS)に関する特定のガイダンスを修正しました。(これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒ 原文(英語)はこちら
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide