Expand
Resize
Add to favorites
本ニュースは下記PwC米国発行の情報サイトに基づき作成しています。
当該和訳は、英文を翻訳したものですので、和訳はあくまでも便宜的なものとして利用し、適宜、英文の原文を参照していただくようお願いします。
会計および財務報告に関するPwCインサイト
ESGコンテンツをお探しでしたら、これ以上検索の必要はありません。PwC米国による最新のポッドキャスト・ミニシリーズでは進展するESGの状況を取り上げており、今週は戦略とステークホルダーに焦点を当てています。さらに詳しい情報については、ESG/サステナビリティ報告のページを探索してみてください。また、11月開催予定のESG報告に関するCPE取得対象のセッションにご登録ください
会計実務が絶え間なく変化している状況を受けて、FASBとIASBは、両審議会による基準設定の取り組みの優先順位付けを支援する、ステークホルダーからのフィードバックを定期的に要請しています。今週のポッドキャストは、PwC米国ナショナルオフィスのパートナーであるアンドリアス・オールとPwCグローバル国際財務報告基準(IFRS)テクニカル・アカウンティング・グループであるパートナーのギャリー・ベルコウィッツが、ヘザー・ホーンとともに、各審議会のそれぞれのアジェンダ協議においてコメント提出者が何を重視しているかについて解説します。
リースに関するすべての疑問には、新たな解釈指針および設例を掲載したPwC会計ガイド「リース」アップデート版を参照ください。
「ESGのリーダーとなる企業は、社会的要素と財務的要素の両方が戦略の実行にどのように影響しているかについて明確に述べることのできる企業である。」-キャセイ・ハーマン、PwC米国ESGリーダー、進展するESG報告の状況について
投資家の期待をはじめとして、グローバルな枠組み、データ、プロセス、コントロールまで、PwC米国のポッドキャストシリーズである「Talking ESG」では、今日の環境における有効なESG報告の構築に何が必要かについて詳細に説明します。
今週のエピソードでは、ヘザー・ホーンとPwC米国ESGリーダーのキャセイ・ハーマンが、ESG報告の現況と、事業の目的、戦略、ステークホルダーについての詳細な理解がいかに企業の発信力を高めるかについて解説します。
PwC米国ナショナルオフィスの専門家たちが、ESG報告の世界的状況および企業がESG報告を行なうための具体的なステップについて解説する、2021年11月17日開催のESGウェブキャスト(CPE単位1.5取得対象)にぜひご登録ください
  • 四半期業種別インサイト
各業種に関連して新たに登場した、経済、会計、財務報告、法規制上の問題の概要を提供する、四半期業種別インサイトをチェックしてください。
  • 最近の公表
見逃した方のために、ここ数週間に公表されたコンテンツを以下にまとめました。
リマインダーおよび日程
10月25日
「取締役会はサイバーリスクの監視に追いついているか」ウェブキャスト(CPE取得対象)ご登録はこちらから
11月14日
FASBコメントレター募集期限-公正価値測定(Topic 820)
11月17日
ESG:財務報告についてのステップ別ガイドウェブキャスト(CPE取得対象) ご登録はこちらから
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide