Expand
Resize
Add to favorites
IASBは、グループ会計に関するIFRS基準(IFRS第10号「連結財務諸表」、IFRS第11号「共同支配の取決め」およびIFRS第12号「他の企業への関与の開示」)に関するフィードバックを求めています。
これらの基準の適用後レビュー(PIR)の一環として情報要請(RFI)が公表されました。
PIRは、新基準の影響を評価するために、企業が新基準の要求事項をある程度の期間にわたり適用した後に実施されます。
IFRS第10号は、グループ(連結)財務諸表の作成に関する要求事項を示しています。IFRS第11号は、共同支配の取決めに対する持分の会計処理を扱っています。IFRS第12号は、他の企業への関与に関して財務諸表の注記において開示する情報を示しています。
これらのIFRS基準は、2013年1月1日以後開始した事業年度に適用されています。
本日(2020年12月9日)公表されたPIRは、基準の適用および財務諸表利用者に提供される情報についてのフィードバックを求めています。
IASBは、PIRに関するフィードバックを利用して、追加の対応が必要か否かを決定します。
IASBのハンス・フーガーホースト議長は以下のように述べています。
「PIRは、基準が意図した役割を果たしていることを確認する機会です。 すべての利害関係からの関連性のあるフィードバックの提供により、このプロセスにおいて我々をご支援いただきたい。」
PIRに関する詳細は、デュー・プロセス・ハンドブックで見ることができます。
コメント期限は、2021年5月10日です。
このPIRに関して予定しているウェブセミナーに関する情報は、近々公表予定です。
詳細はIASBウェブサイトをご覧ください。
【関連リンク】
  • IASBがグループ会計に関するIFRS基準のパッケージをレビュー(ASBJ
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide