Expand
Resize
Add to favorites
IASBは、2017年10月12日、「負の補償を伴う期限前償還要素」 (IFRS第9号「金融商品」の修正)を公表しました。
当該修正は、期限前償還要素が存在する負債性金融商品について、期限前償還金額に「負の補償」が含まれる場合にも、一定の要件を満たす場合には、金融商品の保有者における「償却原価」や「その他の包括利益を通じて公正価値で測定(FVOCI)」への分類を認めるものです。
また、上記とは別に、償却原価で測定される金融負債の条件変更が行われたものの認識の中止が生じない場合に、条件変更時において償却原価を修正して純損益で認識すべきことが、結論の根拠で明確化されています。
詳細はIASBウェブサイトをご覧ください。
基準書の原文はInform International サイトをご覧ください。(*有料会員限定)
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide