Expand
Resize
Add to favorites
医薬・ライフサイエンス業界では、最近、買収や売却が新聞のトップニュースとなっています。ブロックバスターと呼ばれる超大型新薬の特許の期限切れにともなう価格の値下げ圧力により、多くの企業がM&A活動を活発化し、イノベーションを加速するために必要となる新薬のタネ(薬になる可能性のある新規物質)を、買収によって増加させようとしています。一方で、事業を合理化して急成長分野に注力するため、研究開発ポートフォリオの決定の一環として事業や資産の売却も行っています。
買収に関連してよくある論点として、ロイヤルティの支払(すなわち、買手が売手に対して将来ロイヤルティを支払う義務を負うこと)やマイルストーンの支払など、購入対価の一部に将来の支払義務が含まれている場合の取扱いが挙げられます。多くの場合、このような偶発的な義務に関連する支払は、仕掛研究開発(IPR&D)プロジェクトに関する規制当局の承認が契機となっていたり、将来の業績測定値(売上比率など)が基礎となっていたりします。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide