Expand
Resize
Add to favorites
⇒オリジナルはInternationalサイト
【関連リンク】
国際財務報告基準(IFRS)第9号「金融商品」の下で予想信用損失(ECL)を見積もる要求事項が導入されたことは、銀行の財務報告における最も重大な変更のひとつです。GPPC(Global Public Policy Committee)の新たな報告書(以下、「GPPC報告書」)は、システム上重要な銀行(SIB)によるECLの会計処理について高品質な監査を促進すること、そして、監査委員会が、監査人の重要な虚偽表示リスクへの対応の有効性を評価することを支援するために公表されました。
GPPCとは何か
GPPCとは、BDO、デロイト、EY、グラントソントン、KPMGおよびPwCの6大国際監査法人ネットワークの代表者によるグローバル・フォーラムです。GPPCは、監査および財務報告の品質を高めることで、公益に資することを目的としています。
GPPC報告書を読むべきなのは誰か
GPPC報告書は、監査委員会が、銀行の監査人のECLへの対応を監督することを支援する取り組みのひとつであり、資本市場および世界の金融の安定にとって重要性が相対的に高い、システム上重要な銀行(SIB)の監査委員会を主な対象としています。これらの銀行(SIB)では、バーゼル銀行監督委員会(以下、「バーゼル委員会」)による「信用リスクと予想信用損失会計に関するガイダンス(CGRAECL)」(2015年12月公表)などの、IFRS第9号に関する他の国際機関の報告書を適用することが想定されており、本GPPC報告書はそれらを補完することを意図しています。なお、この報告書の内容の多くは、他の銀行や金融機関の監査委員会にも関連性がありますが、その概念をSIB以外の銀行にどのように適用するかに関しては具体的に検討していないため、バランスを適切に検討することなく他の銀行に適用すべきではありません。本GPPC報告書は、有価証券への投資業務とは対照的な、銀行(SIB)の中核業務である貸出業務に焦点を当てています。
GPPC報告書の内容
GPPC報告書には、監査委員会がIFRS第9号の監査を評価する際に焦点となる以下の7つの領域、および監査委員会が説明を求める可能性のある主要な質問事項が含まれています。
  1. 予想信用損失の見積りに関する監査上の対応の基本的な考え方(Fundamental concepts)
  2. 会計方針
  3. 手続および内部統制
  4. 情報システム
  5. モデル
  6. 合理的で裏付け可能な判断
  7. 財務諸表の開示
ガバナンスに責任を負う者が説明を求める可能性のある9つの質問事項
以下は、監査委員会が監査人(および健全性に関する監督者)に説明を求める可能性のある質問です。
  1. 監査人は、IFRS第9号の下で銀行が行う予想信用損失の見積りにおける複雑性、判断および不確実性の主な要因をどのように識別したか。
  2. 監査チームのスキル、知識およびリソースは、IFRS第9号の下で銀行が行う予想信用損失の見積りにおける、重要な虚偽表示リスクをもたらす複雑性、判断および不確実性の主な要因とどのように整合しているか。
  3. 監査人は、IFRS第9号の下で銀行が行う予想信用損失の見積りの複雑性、判断および不確実性の主な要因に対する銀行の統制について、どのように評価しているか、および、その評価が監査人のアプローチにどのように反映されたか。
  4. 監査人は、銀行内の異なる部門(すなわち、財務報告部門以外の部門)および外部の情報源からのデータの目的適合性および信頼性をどのように評価したか。
  5. 銀行が代替的な数値(proxies)を使用している場合、監査人は、そのような代替的な数値の適切性および銀行が代替的な数値の使用を終了する計画(または計画の不在)をどのように評価し批判的に検討したか。
  6. モデルのテストにおいて、監査人はどのような制限を識別したか、また監査人は、経営者がそのような制限に適切に対処したという心証をどのように得たか。
  7. 監査人は、銀行が行う予想信用損失の見積りにおける主要な判断および仮定(確率加重される複数の将来予測的な経済シナリオの選択、信用リスクの著しい増大の判定など)をテストするにあたり、職業的懐疑心をどのように行使したか。
  8. 監査人は、銀行が行う予想信用損失の見積りに関する開示の中立性、明確性および理解可能性についてどのような見解を持っているか。
  9. 監査人は、銀行が行う予想信用損失の見積りおよび開示におけるバイアス(偏向)の存在を、財務諸表全体の観点から「客観的に」検討するために、どのようなプロセスをとったか。
国際監査基準(ISA)第540号「会計上の見積りの監査」との相互関係
本GPPC報告書の作成は、国際監査・保証基準審議会(IAASB)によるISA第540号の改訂作業と同時に進められました。ISA第540号は公開草案(ED)が公表され、そこではいくつかの潜在的に重要な変更が提案されています。2つの文書の草案作りは並行して行われたため、本報告書ではISA第540号の公開草案で提案された変更が可能な限り反映されています。しかし、ISA第540号改訂のコンサルテーションプロセスはまだ途中であることから、IAASBによるISA第540号の改訂プロジェクトの完了は、本報告書に影響を与える可能性があります。
より詳しい情報について
本GPPC報告書は、PwCのオンライン会計情報の包括的リソースであるInform(Internationalサイト)から入手可能です。このIn briefまたはGPPC報告書に関するご質問は、通常のPwC担当者にお問い合わせください。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide