Expand
Resize
Add to favorites
【関連リンク】
要点
FASBがリースの新たなガイダンスに修正を提案する予定です。本修正案は、企業に簡素化した移行アプローチの選択を認めるもので、多くの貸手にとって、リース構成部分と非リース構成部分を分離する必要性が軽減されます。
最新の動向
米国財務会計基準審議会(FASB)は、2017年11月29日、リースの新たなガイダンスに2つの実務上の便法を追加する修正を提案することを決定しました。本修正案は、企業に簡素化した移行アプローチの選択を認めるもので、貸手にリースおよびその他の関連する収益の表示方法および開示方法に関する選択肢を与えます。
リースの新たなガイダンスの適用において、借手は、修正遡及アプローチを用いて、財務諸表上で表示される最も古い期間の期首時点でリースを認識および測定することが要求されます。また、貸手は、財務諸表上で表示された最も古い期間の期首現在に移行に関する特定の調整を行うことが要求されます。例えば、公開企業である借手は、2019年1月1日に開始する年度にリースの新基準を適用する場合、2017年1月1日時点でリースを測定および認識することになります。
11月29日の会議において、FASBは、表示される比較期間を調整するのではなく、代わりに、発効日(例えば、2019年1月1日)にリースの新たなガイダンスの規定を適用するという選択肢を企業に認める提案を行いました。本修正案は、新ガイダンスへの移行を簡素化する可能性があります。例えば、借手は、発効日前に失効するリースを測定および認識したり、または、表示される比較期間中に複数回修正されたリースについて、それぞれの修正の影響を検討したりする必要はありません。
FASBは、また、関連するサービスを提供している特定のリースに関して、貸手の報告および開示を簡素化する決定を行いました。貸手は、リース資産を提供することに加えて関連するその他のサービスを提供することがたびたびあります。例えば、多くの不動産リースや設備リースでは、貸手は、リースされた資産に対する保守サービスを提供します。リースの新たなガイダンスの下で、企業は、リース構成部分と非リース構成部分を分離して、他の適用可能なガイダンス(例えば、収益ガイダンス)に従って非リース構成部分を会計処理することが要求されます。リースの新たなガイダンスは、借手(のみであり、貸手ではない)に対して、非リース構成部分を分離するのではなく、契約全体を単一のリースとして会計処理するという実務上の便法を認めています。
FASBは、特定の状況において、同様の実務上の便法の選択を貸手に認めることを提案しています。すなわち、リース構成部分と非リース構成部分を分離しないことを貸手にも認めるというものです。リース構成部分と非リース構成部分の収益認識のパターンが同一で、契約対価の全てを賃料として会計処理する場合であっても、当該リースを引き続きオペレーティング・リースに分類する場合、貸手は、この実務上の便法を選択することができます。提案された実務上の便法により、収益認識時期を変更せずに、リース構成部分と非リースの構成部分を分離すること、およびそれらの間で対価を配分することに関連する複雑性の多くが軽減されることになります。
発効日
提案された修正は、リースの新基準と同日に発効します。公開企業については、修正された基準は、2018年12月15日より後に開始する年次報告期間より適用されます。その他の企業については、さらに1年の猶予があります。
なぜ重要か
貸手および借手は共に、リースのガイダンスを適用できるよう、経過措置および簡素化を要求しています。 これに加えて、多くの貸手は、リース構成部分と非リース構成部分の分離、およびそれらの間での対価の配分は複雑でコストが嵩むという懸念を表明しました。一部の利害関係者は、リース契約におけるリース構成部分と非リース構成部分を分離しても、意思決定に有用な追加的な情報を提供しないと考えています。
リース基準の修正案は、報告企業にさらなる柔軟性を提供することになり、リースのガイダンスを適時かつ効果的に適用する助けとなるでしょう。
次のステップ
FASBは、コメント募集のために会計基準アップデート(ASU)の公開草案を作成し、公表する予定です(コメント期限は公表後30日)。企業は現在、多大な労力を費やしてリースの新基準への移行に備えており、当ASUの作業は比較的迅速に進んでいます。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide