Expand
Resize
Add to favorites
⇒オリジナルはInternational サイト
【関連リンク】
論点
投資者は、関連会社または共同支配企業に対する純投資の一部を構成する、関連会社または共同支配企業に対する長期持分(例えば、優先株式または長期貸付)を有する場合があります。国際会計基準審議会(IASB)は、これらの長期持分がIFRS第9号の範囲に含まれるかどうか、またIFRS第9号の減損の要求事項が適用されるかどうかを明確化するよう要請されました。
考察
IASBは、IAS第28号の狭い範囲の修正を公表し、関連会社または共同支配企業に対する長期持分(持分法が適用されないもの)をIFRS第9号に基づき会計処理しなければならないことを明確化しました。これにはIFRS第9号の減損の要求事項も含まれます。また、その設例も提供されています。
本修正は、2019年1月1日以後開始する事業年度に適用され、早期適用が認められます。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide