Expand
Resize
Add to favorites
FASBが減損テストを簡易化する早期適用可能なガイダンスを公表- FASBは、2012年7月27日に会計基準アップデートNo.2012-02「利用期間が不明な無形資産の減損テスト」を公表しました。この改訂基準は、企業に対して利用期間が不明な無形資産についてより詳しい減損テストが必要かどうかを判定する定性的評価の選択肢を提供することにより、のれん以外の利用期間が不明な無形資産の減損テストのコストおよび複雑性を低減することを目的としています。このアプローチは昨年最終化されたのれんの減損テストに関するガイダンスと類似しています。この改訂基準は2012年9月15日より後に開始する事業年度に実施される年次または期中の減損テストに適用となります。しかし、企業は、年次または期中の減損テストの実施日が2012年7月27日(すなわちこの改訂基準の公表日)より前であっても、直近の年次または期中期間の財務諸表が未公表であることを条件に、この改訂基準の早期適用を選択することができます。
(pdf 331kb)
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide