Expand
Resize
Add to favorites
様々な業界の公開企業および非公開企業に影響8月22日、SECは、一部の発行体に対して紛争鉱物(タンタル、錫、タングステンおよび金)の使用、コンゴ民主共和国(DRC; the Democratic Republic of Congo)および隣接各国(「対象国」)で産出されたかどうかを公表することを求める最終規則を承認しました。この規則は、発行体がこの要求事項の適用対象であるかどうか、対象である場合には何をすべきかを判断するための3ステップ・プロセスを概説しています。発行体は、新しい提出フォームであるForm SDを使用してSECに年次開示をファイリングすることが求められるようになります。この規則に基づく年次の開示対象期間とは、企業の事業年度の末月がいつかに関わりなく、1月~12月の暦年となります。年次開示のファイリング期限は5月31日です。この開示要求に対する初回の期限は2014年5月31日となります(すなわち、2013年1月~12月の暦年が報告の対象となります)。Dataline2012-10では、この最終規則の主要条項を検討し、PwCの見解を提供しています。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide