Expand
Resize
Add to favorites
多くの金融機関は、国際会計基準(IAS)第32号「金融商品:表示」の相殺の修正を契機に、多くの国・地域に影響を与える法規制の変更とあわせ、会計目的で金融商品をいつ相殺すべきかの見直しを進めています。
相殺は、会計処理における複雑な領域であり、実務上および契約上の取決めを理解することが正しい会計処理の結論に達するカギとなります。最近の見直しは、こうした相殺の複雑さを浮き彫りにしています。本In depthは、実務で見受けられる主要な質問に対するPwCの見解を示すものです。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide