Expand
Resize
Add to favorites
国際財務報告基準(IFRS)第9号「金融商品」は信用リスクおよび予想信用損失引当金に関する大幅な追加の開示要求を導入しています。これらの新しい要求を満たすために必要なデータおよびシステムについて理解することは、IFRS第9号プロジェクトの範囲の網羅性を確保し、追加的費用を発生させプロジェクトのタイミングに影響を及ぼす可能性のあるプロジェクト後半における修正を回避するために、非常に重要となります。
単にIFRS第9号に含まれる開示例を複製するだけでは、要求される重要な情報が欠落するリスクがあります。これらの開示要求を、内部的な経営報告や投資家へのコミュニケーションを含めたより広範な検討事項の一部とすることで、重要な便益がもたらされる可能性もあります。
本資料では、主要な検討事項とそれらが実務においてどのような重要性を持つのかを詳しく説明します。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide