Expand
Resize
Add to favorites
米国財務会計基準審議会(FASB)および国際会計基準審議会(IASB)は、2月18日の共同会議において、新しい収益基準に関連するいくつかの適用上の論点を議論しました。ライセンスおよび履行義務に関する利害関係者のフィードバックに対処する必要性があることについて両審議会の足並みは揃っていましたが、その実現に向けたアプローチについては見解が異なりました。FASBは、ライセンスに関連する原則を修正する決定を行いましたが、IASBは、単に明確化のみを行うことを決定しました。またFASBは、履行義務の決定に関するガイダンスに対していくつかの変更を行う予定です。一方、IASBは、変更を行うのではなく、「契約の観点において別個のものであるか」という原則を例示するための追加的な設例を設けることを検討する予定です。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide