Expand
Resize
Add to favorites
国際財務報告基準(IFRS)第13号は、IFRS第7号が最初に導入した公正価値ヒエラルキーの3つのレベルの公正価値測定の評価に関するガイダンスを拡大しました。その結果、公正価値で測定される非金融資産および非金融負債に対するレベル1、レベル2またはレベル3への区分、および財務諸表の注記における公正価値の開示が要求されることとなりました。
実務上、公正価値測定が公正価値ヒエラルキーの中のどのレベルに該当するかについての判断に困難が生じるであろうことがこれまでの経験から予想されています。本資料は、公正価値測定の適切な区分の決定における以下に挙げた主要な検討事項に関するPwCの見解を記載しています。
  1. 観察可能なインプットおよび観察可能でないインプットの意味
  2. レベル1のインプットとレベル2のインプットの間の主な差異
  3. 観察可能ではない単独のインプットが公正価値測定全体をレベル3にするほどに重要である場合
(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはInternationalサイト
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide