Expand
Resize
Add to favorites
ここ最近数か月間、世界的に市場の変動性が増す傾向が見られました。こうした経済環境では、既存の非金融資産のキャッシュ・フローの減少が見込まれ、予算および予想の修正が必要となる可能性があります。
そのため、減損テストの余裕分の金額(すなわち、回収可能価額が帳簿価額を上回る額)が減少する可能性も高くなっています。減損レビューの結果が「ニアミス」である場合(すなわち、回収可能価額が帳簿価額に非常に近い結果となる場合)、企業は自らの減損の方法を見直す必要があります。また、企業がこれまで回収可能価額に代替するものを使用してきた場合、その手法を再確認し、基礎となる仮定が適切であることを確認する必要があります。さらに、規制当局は開示の透明性の向上を推進しており、減損は、規制当局にとって引き続き関心の高い領域となっています。
PwCは、最近、In brief 2015-02「非金融資産の減損レビューの5つのポイント」を公表しました。本資料は、そこで解説した非金融資産の減損レビューを実施する際に重点を置くべき5つのポイントについて、より詳細に解説しています。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはInternationalサイト
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide