Expand
Resize
Add to favorites
国際会計基準(IAS)第23号「借入コスト」は、国際財務報告基準(IFRS)の中で最も短い基準のひとつです。この基準は、2009年に適格資産の取得または建設に起因する借入コストを費用処理する選択肢を削除したことを除いて、1993年以降、実質的な変更はありません。しかしながら、このシンプルに見える基準は、実務上の適用に関して明確な解決策を示していないことから、頻繁に質問が提起されています。
提起される質問には、適格資産取得のための特別の借入か一般目的の借入か、いつ資産化を開始すべきか、資産化に適格な借入コスト総額、および外国為替差損益を資産化すべきかどうか等が含まれています。本資料では、これらの実務上の課題に焦点を当てています。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはInternationalサイト
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide