Expand
Resize
Add to favorites
米国財務会計基準審議会(FASB)および国際会計基準審議会(IASB)は、3月18日の会議において、新収益基準に関する5つの適用上の論点を議論しました。両審議会は、本基準の適用以前に行われた契約変更の評価を免除する救済措置を提供するため、新たな実務上の便法を提案することで合意しました。両審議会は、アプローチについて完全に足並みが揃っているわけではありませんが、本基準にその他の実務上の便法および明確化を提案することにも合意しています。
FASBは、この会議で決定した事項を盛り込んだ会計基準アップデートを公表する予定です。IASBは、今年後半に公表すると見込まれる一括した修正案の中に合意済みの変更事項を含める予定です。またFASBは、4月初めの会議において、発効日の延期の可能性について議論を行う予定であると告知しました。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide