Expand
Resize
Add to favorites
米国財務会計基準審議会(以下「FASB」とする)の新しいガイダンスは、保険会社により発行された長期契約に関する測定モデルおよび開示要求事項の主要な要素を改定しました。これは、過去40年における生命保険会社に関する米国会計基準を適用した財務報告における最大の変更です。
FASBの目的は、長期契約に関する会計の改善、単純化および強化にある。全体として、報告される利益への影響が大きく、そして利益の変動性が高まるでしょう。さらに、導入においては、システム、プロセスおよび統制手続に対する重大な変更を必要とし、従前において把握していなかった、数理モデルにおける測定に関して必要とされるフォーマットおよびグループを含むデータの蓄積が要求されます。
保険会社、投資家、およびその他の利害関係者は、影響を十分に評価するために新しいガイダンスを理解する必要があるでしょう。このIn depthは新しいガイダンスを詳細に説明し、主要な要求事項の表形式による要約を2つの付録として含めています。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはUSサイト
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide