Expand
Resize
Add to favorites
2018年10月24日、国際会計基準審議会(以下「IASB」とする)は、国際財務報告基準(IFRS)第17号「保険契約(以下、「IFRS第17号」とする)の将来の潜在的な改正の評価基準について全会一致で合意した。IASBは、評価基準は、基準変更に関して高いハードルを設定していると指摘した。また、いかなる提案された改正も、狭い範囲である必要があること、および発効日の大幅な遅延を避けるために迅速に検討する必要があることを指摘した。今後数カ月以内に、IASBは、発効日の延期を含むIFRS第17号の改正が正当化されるかどうかについて議論する。IASBが基準を改正することを決定した場合、いかなる改正も、公開草案の作成とその後の協議期間を含む、IFRS基準の改正に関するIASBのデュー・プロセスの対象となる。IASBは、IFRS第17号の発効日を延期する結果になった場合の、IFRS第9号「金融商品」(以下「IFRS第9号」とする)の一時的免除について懸念を共有した。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルは Internationalサイト
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide