Expand
Resize
Add to favorites
国際会計基準審議会(以下「IASB」とする)は、2018年11月14日、国際財務報告基準(IFRS)第17号「保険契約」(以下「IFRS第17号」とする)の発効日を1年延期するためのIFRS第17号の改定プロセスの開始に合意した。IASBのデュー・プロセスを前提として、企業は、2022年1月1日以降に開始する年度からIFRS第17号の適用が求められる。IASBは、IFRS第17号の修正を行うかどうかを検討する計画を有しており、それらの修正に対する評価基準に照らすと、そのような潜在的な修正は最終決定に1年を要する可能性があると指摘した。従って、発効日の1年延期が適切である。IASBは、延期を1年に限定する取扱いは、導入において最も進んだ企業への混乱を最小限に抑えるとともに、IFRS第17号及びIFRS第9号「金融商品」(以下「IFRS第9号」とする)の適用が著しく遅れるべきではないという利用者の懸念に対処し、導入プロジェクトを中止すべきではないという明確なシグナルを業界に提示すると指摘した。
IFRS第17号の延期の結果、IASBはまた、IFRS第4号におけるIFRS第9号の一時的免除の失効日を改訂し、IFRS第9号の一時的免除を2022年1月1日まで継続して適用する取扱いを認めることに合意した。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルは Internationalサイト
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide