Expand
Resize
Add to favorites
米国財務会計審議会(FASB)は、2019年12月18日、会計基準の複雑性を軽減する全体的な取組みの一環として、法人所得税の会計処理を簡素化するガイダンスを公表しました。本修正には、会計基準コード化体系(ASC)740「法人所得税」の一般原則に対する特定の例外規定の廃止、および所得に基づく部分があるフランチャイズ税(または、それに類する税金)の会計処理などのその他のいくつかの領域における簡素化が含まれます
適用は、ほとんどの12月決算の公開事業会社(public business entities)については2021年(その他の企業については2022年)まで要求されていませんが、まだ財務諸表を公表していない企業には簡素化の利点を活用するために早期適用が認められます。(これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはUSサイト
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide