Expand
Resize
Add to favorites
国際財務報告基準(IFRS)第17号「保険契約」は、保険会社が保険契約サービスを提供するために予想される利益(すなわち、契約上のサービス・マージン)をさまざまな報告期間にどのように配分するかを決定するための「カバー単位」の概念を導入しています。
保険契約が異なれば、それぞれのサービスにより提供される給付の相対的な加重が異なる、異なる保険契約サービスが提供される可能性が高いです。また、各サービスの提供形態も異なる可能性もあります。IFRS第17号では、契約または契約グループの中で複数のサービスが提供されているカバー単位を決定する方法に関する具体的な指針はほとんどありません。保険会社は、カバー単位の配分を決定する際に判断を適用する必要があり、その判断は、システム要件および報告結果に重要な影響を及ぼす可能性があります。
本資料では、カバー単位に関するガイダンスを、関連するよくある質問(FAQ)とともに要約しています。(これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒原文(英語)はこちらへ  
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide