Expand
Resize
Add to favorites
国際財務報告基準(IFRS)第17号「保険契約」は、保険者が発行する保険契約の会計処理に重大な変更をもたらす。多くの保険者にとって、IFRS第9号「金融商品」は、同様に、保険契約から生じる義務を裏付けるために保有する資産の会計処理に変更をもたらすであろう。場合によっては、IFRS第9号とIFRS第17号の相互作用により、保険契約と保険契約を裏付けるために保有されている資産との間で、どのように認識され、測定されるかにより、会計上のミスマッチが生じる可能性がある。本資料では、保険者が、そのような金融リスクを軽減するためにIFRS第9号の範囲内にある金融資産を利用する場合、ヘッジ会計を適用する取扱いを含む、IFRS第9号およびIFRS第17号で利用可能な選択肢の利用により、これらのミスマッチをいかに最小化できるかを検討している。また、保険者が利用する一般的なヘッジ戦略に対して、実際にどのようにヘッジ会計を適用ができるかについても探求している。(これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒原文(英語)はこちら
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide